【2019】DAZZLE shelter イマーシブイベント@東京

DAZZLEとは?

※画像は公式サイトより引用

ダンスカンパニー。

イマーシブイベントなどを手掛けるグループ。

結成23年目(2019年)

1996年から活動している。

 

ニューヨークにある、スリープノーモアという劇場を御存じだろうか。

スリープノーモア、それは参加者が仮面をつけて、自由に建物を行き来し、自らの目でストーリを紡いでいくイベント。

パフォーマーを見にいくもいいだろう。好きな演者を追い続けるのもいい。

ダンスフロアに興じてもいい。ストーリを探してもいいだろう。

それは一回では到底把握しきれない、参加者もその世界の一員となって駆け回るイマーシブイベント。

 

そのイベントをオマージュにしたものが2018年USJのホテルアルバート。

DAZZLEはおそらく日本でそれよりも早く、イマーシブイベントを行っている団体。

 

果たして今年のDAZZLEが提供するイマーシブイベントは?

SHELTERとは?

マルチエンディング形式のイマーシブシアター型イベント。

要はエンディング分岐型の体験型イベントです。

最近だとホテルアルバートで一気に人気を博していますね。

内容は?

私も今年初参戦なので、内容は不明ですが、ホラーではないと思います。

ミステリー要素が強く、ホテルアルバート好きにはおそらくオススメのイベントになるのではないかと。

 

過去にはワンピース東京タワーイベントを手掛けている団体。

物語の性質上、一回ですべてを把握できないのは歯がゆいところではありますが、物語に入っていくスタンスの体験型イベント。

日々の生活に退屈を感じている人、新しいイベントを体験したい人におすすめではないだろうか。

 

個人的には開催時間に21時~ってあるのも魅力のひとつですね。

なかなかこの時間から楽しめるイベントは珍しい。

 

Youtubeなどの動画サイトが流行り、モノを見ることは容易にできるようになったが、こういった体験型イベントは次々と登場してくると思います。

今後の活動にも期待。

こんな人におすすめ

日常から少し離れた体験をしたい人

ミステリー好き

ダンスパフォーマンスが好きな人

DAZZLE shelter 感想/口コミ

shelter行ってきました。

ダンスが好きな人にはお勧めの公演だと思います。

 

あまり詳しいことは記述しませんが、ストーリの分岐の仕方が目新しい。

なかなか攻めているチャレンジもかなり多くありました。

 

一番いい点は演者との距離が非常に近いところでしょうか。

逆に、夏場に階段の上り下りは結構暑かった。。

 

また、初見では疑問に思う点も多くありました。

構成としては1回で網羅できる内容ではとてもないので、リピート前提で作られてるのは、賛否両論ありそうです。

あとはもう少し参加者の介入要素が増えると嬉しいな、とは思います。

 

イマーシブイベントって難しいですよね。

 

・それぞれ見る内容が違う

・観客がストーリ要素に加わる

・自由に動き回れる

 

この時点で、メインストーリを軸に据え置くのは厳しい。

ストーリ要素に介入しすぎてしまうと、印象がまたガラッと変わってしまう。

自由に動き回れるスペースをとると、人数と場所とのバランスがとりづらい。

 

今回は正直狭く感じました。

人が多すぎて見れないイベントも多数。。

 

とはいえ、場所が広すぎると、その「場所」に意味性を持たせるための背景設定が複雑になりすぎる。

 

イマーシブイベントはその世界に没入するのが強みではあるので、何かしらすでに有名なストーリなどの一員になれる、というほうが一般的には受け入れられる気がします。

公演時間

105分

開催日

2019年8月8日~8月24日

15時~

17時~

21時~

チケット

9,500円

アクセス

東京都世田谷区内 特別会場
(明大前駅より徒歩7分、代田橋駅より徒歩6分)

チケット購入者のみ知ることが可能

パフォーマンス/ショー/イベントカテゴリの最新記事