B monsterにクイーン曲縛りのプログラム 「ROCK(Q)」が登場

B monsterにクイーン曲縛りのプログラム 「ROCK(Q)」が登場

B monsterとクイーン曲がコラボ開始

開催期間

2019年12月~2020年2月29日

クイーンコラボ三昧の2019年

映画のボヘミアンラプソディが2018年11月に開催。

 

その後も、ライブ上映風のイベント(映画中に自由に騒いでもいい放映回)があったり、

プラネタリウム花火とのコラボや、

クイーンのオーケストラコンサートが開催されたりと、2019年はコラボ三昧だった。

 

そして、2019年12月から3か月間限定でB monsterとコラボ。

B monsterは、暗闇でEDMが流れながら、ボクシングが楽しめるというものである。

B monsterとクイーンコラボのROCK( Q ) コマに参加してきました。

Hoku

「今年はクイーンイベント参加多いね」

相方

「一曲目なんだろうね」

Hoku

「今まであんま知らない曲メインだったから知っている曲ばっかりで構成って楽しみ」

相方

「i want it allかなー」

Hoku

「キラークイーンと、Another One Bites the Dustは来てほしい」

 

普段は新宿スタジオにいくのだが、新宿のSATSUKIさんの12月1日の回は36人待ちという状態だったため、青山スタジオで参加することに。

 

青山スタジオ担当はBeckyさん。

 

Becky

「今日初めてやるプログラムなんで、沢山練習してきたんですけど、緊張しています!」

Hoku

「そりゃそうだよね、パフォーマーも覚えないといけないし大変だ」

Becky

「皆さんは知っている曲も多いと思うので、自由に歌いながらやっちゃってください!

フレディ・マーキュリー?でしたっけ。凄い有名な曲も多いので、最後まで頑張っていきましょう!」

Hoku&相方

「……(フレディマーキュリー知らん感じなのね。。)

実際始まってみると、テンポが速い曲だけでなく、ゆっくりした曲も入っていたのは意外。

 

普段のプログラムは比較的テンポが速い曲で構成されているので、少し戸惑いはあったものの、やはり知っている曲で構成されているのはテンションあがりますね。

B monster クイーン ROCK(Q)の難易度は?きつい?

難易度的にはVol1と変わらないか、Vol1より簡単なイメージでした。

 

サーキットは若干スクワットが多く、そこはきついと感じる人もいるかもしれませんが、パンチコンビネーションの難易度は易しいほうだと思います。

 

Hoku

「キラークイーンとAnother One Bites the Dustはなかったけど楽しかった!」

相方

「ほかの人のプログラムも同じなのかな、また行ってみたい」

 

ということで予約が取れればSATSUKIさんのクイーンプログラムも受けてきてみたいと思います。

 

苦言があるとすれば先ほどの通り、「クイーン知らない発言」はいらなかったのではないかな!と思いますが、楽しかったです。

 

これを機にB monsterに新規加入するのも難易度的には良いかな、と思います。

新宿スタジオ、SATSUKIさんのクイーンROCK(Q)受けてきました。

結論めちゃくちゃ楽しかったです。

 

曲構成はおそらく同じですが、数を重ねたことにより、ちょっとずつ改良されてるような気もします。

SATSUKIさんのクイーンROCK(Q)は予約人数も異常に多かったので、周りもなんか動きが完成していました。

 

難易度は低いというオペレーションはありつつ、一曲一曲が結構長くてきつい。

 

コンビネーションは前回青山で受けた時と基本は同じですが、所々でおそらくパフォーマーオリジナルが入っており、いろんな場所で受けるのも楽しいかもしれません。

 

とりあえずREDIO GAGAのコンビネーションはできるとめちゃくちゃ楽しいです。

コンビネーションが簡単な分、全部動けてしまうので、意外とVol1よりキツイ印象でしたが、それ以上に楽しく、そりゃ予約毎回いっぱいになるなあ、という感じ。

 

新宿スタジオのSATSUKIさんのROCK(Q)オススメです。

パフォーマンス/ショー/イベントカテゴリの最新記事